最新記事


一日のスケジュールを立て作業をすると3倍効率アップする

一日のスケジュールを立てて作業をすると
3倍効率がアップします。

 

なぜなら、作業内容が決まっているので
何をすれば良いのか迷うことがないからです。

僕自身はバカなので、帰宅したら何をすれば良いかを
先に決めておかないと作業がはかどらないんですよ。

 

でも、天才あるいは5千円以上稼げている人は
優先順位を先に決めて行動ができるので
スケジュールを、わざわざ組む必要はないんですね。

まだ、5千円も稼げていない人は
一日の作業をメモにでも書いて見ると良いですよ。

 

●一日のスケジュールを立てるメリットとは?

・作業がどこまで進んでいるか理解できる

・過去にどんな作業をしたのかが分かる

・これまでの作業がブレていないかを確認できる

・本当に必要な作業をしているのか確認ができる

・今自分自身がどれくらいの作業量をこなしているか理解できる

僕は、一日のアドセンスでの作業を
先に決めて実際行動に移しています。

一日の作業を決めて行動を起こすことで
作業効率が3倍にアップしました。

 

理由は、やることが決まっているので
先に決めた作業通りに行動を起こせば
確かに作業効率がアップして当然ですよね。

例えば、あなた自身が作業をあまりしないで
日々漠然と送っているなら
絶対に、ぜ~~ったいに稼げない!

 

 

理由は、行動を起こさない人は
成果なんて出るはずがないからです。

 

当たり前ですよね?

 

 

でも、そんな人でも先に作業をすることを決めて
ガンガン行動を起こせば成果が出るようになってくるんです。

何時に●●を更新する」というようなことは
時間が限られてしまうので逆にやってはいけないです。

 

 

「今日は稼ぐ系のブログを更新する」というような
そういう感じでメモに書き込んでおけば
時間に関係なくその日にやる作業が決められます。

僕は、細かいところは全く決めていなくて
その日に何をするかだけを決めています。

 

 

そうしたほうが、時間に縛られないし
時間を過ぎたら、やる作業が
かわるって言うこともないからです。

更に、毎日5千円も成果が出ていないなら
作業にブレがあるのかもしれません。

 

例えば、アドセンスで不要なのは
「ランキング応援」だといえます。

 

 

確かに、アドセンスでもコミュニケーションは
必要だという人もいるでしょう。

しかし、コミュニケーションよりも
ランキング応援周りが優先になると
それはもはや、意味が違っていきます。

 

 

アドセンスサイトで必要な作業は
ガンガンやるべきですが、初めての場合は
何が成果が出る作業なのか理解できないでしょう。

 

まずは、一つのサイトやブログに集中して
作業をすすめるほうが良いですね。

サイトやブログに集中するとなると
新しい情報を探すとかキーワード選定をするとか
いろいろと作業がありますよね。

 

 

どういう作業が効果があったのか
日々検証をして行くことが重要になりますね。

 

 

●一日のスケジュールを立てるデメリットとは?

・作業を先に決めることが成果に直結するわけではない

・日々記入をすることが面倒になる

・やっていくうちに意味があるのかわからなくなる

先に作業を決めるという
一日のスケジュールを決めることは
メリットが大きいです。

 

でも、こういうことをしたことがない人には
デメリットとなることがあるようですね。

いやぁ、僕は別に面倒と感じたことはないんですよね。

 

なぜなら、こういうのはリアルの会社でも
実際にさせられているからです。

実は、スケジュールを組むこと自体は
成果に直結するわけではないんです。

作業効率がアップして行動をしやすく出来るだけですね。

 

作業を始めようとしても何をすれば良いか
迷う場合には、こういうスケジュールを先に立てて
作業をすることが間接的に成果アップに繋がるってだけですね。

なので、人によっては面倒だと感じるでしょうね。

 

 

もし、あなたが作業順序が明確ではなく
日々何をして良いかわからずに送っているなら
スケジュールを組んで作業をすると良いでしょう。

僕が作業をするスケジュールを組む場合は
こういうのを使っています。

↓↓     ↓↓

サクッとメモをするのに便利なテキストエディタ

カテゴリー: やる気アップの秘訣 | 6件のコメント

個性的なブログタイトルで反応率が3倍変化する理由とは?

ブログタイトル一つで反応率が大きく変化します。

 

なぜなら、記憶に残らないブログタイトルでは
誰も読みたいと思わないし二度と訪問すらしてくれないからです。

 

僕が経験した話で、他と同じような
ブログタイトルをつけていたことがありました。

アドセンスサイトでは本当にありふれた
どこにでもあるようなブログタイトルでしたよ。

 

でも、ターゲットを明確にして
3秒で何のブログなのかを
理解できるようにした結果ですが
反応が通常よりも上がったんですよ。

 

あくせす

 

え?!こんなことで反応が上がるのか?!

 

いろいろとテストした結果ですが
これほど反応が変化したのはビックリです。

ブログタイトルが、そのへんの
ありふれたタイトルにしていた時は
クリックもアクセスも1とか3とかでしたよ。

 

本当にね、恥ずかしい限りですよ。

 

最初の頃はブログタイトルなんて
キーワードを意識しすぎて
どこにでもあるようなブログタイトルでした。

 

なんで、アクセスが集まらないのかなぁ

アドセンス広告がクリックされない・・・

 

なんて日が、3ヶ月間続いたこともありましたよ。

 

しかも、ターゲットも意識していないので
アクセスなんて集まるはずが無いですよね。

でも、ブログタイトルを変更して
キーワードを意識しないでインパクト重視で
つけると、アクセスが徐々に増え始めて
クリックも今では25ほどに増えました。

 

一体何をしたのかといえばブログタイトルに
根拠のある「数字」を入れてターゲットも意識して
完全に作りなおしました。

更に、ブログタイトルを見ただけで
どんな内容のブログなのか分かるようにしたんです。

 

 

今では、一目見ただけで
何のブログなのかわかるようになりました。

ブログタイトルと説明文を作るときは
ターゲット設定とブログコンセプトを考えて
ブログタイトルを作るように意識したほうが良いですね。

 

もちろん、記事タイトルも重要なんですが
ブログタイトルも実は重要な要素の一つだったんです。

ガチガチのキーワードだけを狙ったブログタイトルよりも
個性的でインパクトあるブログタイトルのほうが
訪問者は足を止めてもらえるんですね。

 

確かに、記事内容や人柄もあるし
まずトップページからほとんどアクセスはないかもしれません。

しかし、ブログタイトルがインパクトある場合は
しょぼいブログタイトルよりも読もうって気になるんです。

 

もうね、コメント周りとか始めた瞬間から
そういうことに気付かされましたよ。

本気度が高い人ってブログタイトルや
ヘッダー画像などやアバターからアイコンなど
いたるところまで作りこまれています。

 

最高級のおもてなしが出来る状態で
読者を入店させている感じがガンガン伝わりますね。

 

いらっしゃいmせ

例えば、お店に行った時に「いらっしゃいませぇ♪」って
にこやかに案内されると嬉しいですよね。

 

案内されたこと無いけど・・・

 

でも、入店して店員の愛想が悪すぎると
すぐに出たくなりますよね。

しかも、売り込もうと近づいてくると
更に早く出たくなります。

 

9割の稼げないブログは愛想の悪い店員がいて
売り込もうとするお店と一緒の場合がほとんどです。

 

ブログタイトル一つでブログの印象は
180度変わるので「反応がないなぁ」って悩んでいるなら
ブログタイトルを変えてみることをおすすめします。

 

更に、ブログタイトルが文字だけなら
ヘッダー画像などに文字を入れるだけでも
かなり違ってくるし訪問者も立ち止まりやすくなりますよ。

ブログタイトルを考える場合も
こういうツールを利用すると
作りやすいので利用すると良いですね。

↓↓        ↓↓

キーワード選定が3倍楽になる無料ツール

 

カテゴリー: 思わず立ち止まるブログタイトル | タグ: , | 4件のコメント

キーワード選定が3倍楽になる無料ツール

キーワード選定ってアドセンスでも
非常に重要な作業の一つでもあります。

 

記事タイトル一つでアクセスが変化しますが
やっぱり、キーワードが含まれていなければ話にならない。

なので、今回は役立つキーワードツールのご紹介。

 

キーワード選定って結構時間がかかるし
どんなキーワードが一番ライバルが少ないんだろう?

 

きーわーぢ

 

キーワードに関してこんな悩みって無いですか?

ぼくは、キーワード選定に以前は
かなり時間をかけていたんです。

 

キーワード選定って、ぼくの場合は
休日に作業をするのが日課となっています。

もちろん、当ブログの記事タイトルも
休日にキーワードを集めて記事タイトルを
最初に20個作成して記事にするときに修正したものが
当ブログで使われている記事タイトルなんです。

 

さて、休日に、無料のキーワードツールを
全く知らなかた僕がかけていた時間は約6時間です。

 

まじか

 

え~~~!6時間もキーワード選定にかけていたんですかぁ?!

 

ひょっとしたら
あなたはそう思うかもしれません。

いやいや、たしかに時間かけすぎですよねぇ。

 

その通りです。

 

休日にどうしてキーワード選定をして
ネタを収集しているのかといえば
かなり時間が掛かる作業だからです。

記事タイトルは、記事を入力し始める前に
修正をしていってますけどね。

 

結構面倒なことをしています!

 

さて、今回の僕の良き相棒である
無料キーワードツールはコレ!

↓↓        ↓↓

きりとが愛用しているキーワードツール

 

●類似キーワードで記事タイトルを攻略!

 

ブログ記事を書く場合は関連キーワードも
ガンガン使っていくほうがアクセスを集められます。

更に、ほかのサイトとの差別化にもなりますし
意外にもアクセスする人もたくさんいたりするんで
結構驚くことが多いんですよね。

 

アドセンスではないですが
物販アフィリエイトのサイトはこんな感じですね。

まあ、アクセス自体は大したことはないですけど
関連キーワードで200~300のアクセスを集められるので
関連キーワードをガンガン使うのも馬鹿にできないんですよ。

 

また、類似キーワードも使うと、更に
記事タイトルの幅が広がるので使ってみると良いですね。

 

記事タイトルのキーワードを中々決められない人は
こんなキワードツールを使ってみると良いですね。

↓↓          ↓↓

きりとが愛用しているキーワードツール

 

カテゴリー: キーワードの考え方 | タグ: | 12件のコメント

サイトに500ページあってもアクセスが集まらない理由とは?

 

サイトのページ数ってどれくらいが最適なんでしょう?

 

ぼくがメインで更新をしているブログは
200ページを超えています。

アクセスは安定して「500」ほど来ていますよ。

 

ただ、記事が面白く無いなら
ページ数が多くてもアクセスも集まらないでしょう。

更に、ほとんど内部リンクを意識しているので
すべてのページに内部リンクを設置しています。

 

別に意味は無いんですが
記事に関連したテーマのページがあって
更に見て欲しいと感じたからページのリンクを張り
リンク先のページに誘導をしている感じですね。

 

サイトのページ数って別にこだわらなくても良いですが
量産をするというスタイルなら「20ページ」くらいが良いかもしれません。

根拠としては、情報が多いほうが
それだけ滞在時間が多くなるし
ページ移動をされるほど評価が高くなるからです。

 

ただ勘違いしてほしくないのは
ページ数が多いからといって稼げるわけではないということ。

つまり、記事内容が読者に役立たない内容なら
ページが多くても読まれずに訪問者は立ち去ります。

 

「収入とサイトのページ数は比例する」

 

どこかのアフィリエイトの本に書いていましたが
そんなのはデマカセですね。

 

理由は、サイトのページ数が多くても
結局人の役に立たないページが多ければ
収入とサイトのページ数は比例しないからです。

収入とサイトのコンテンツの
クオリティは比例していくのが正解でしょう。

 

なので、ページ数が多ければ
成果が上がっていくというわけではないんです。

 

アクセスが3倍増えるサイト作成の方法は
こちらでも詳しく解説しているのでご確認してください。

↓↓        ↓↓

アドセンスでアクセスが3倍増える方法とは?

カテゴリー: アドセンスの基本 | 8件のコメント

サイト記事の文字数はどれくらいが最適?

アドセンスサイトだけに限らずですが
文字数は、1000文字以上を目安に
記事を作成していくと良いでしょう。

サイト記事の文字数っていったいどれくらいが妥当なのか
ネットで検索をしても色んな意見に別れますよね?

 

「SEO的には1000文字が必要」

「300文字程度の短い文章でも良い」

「長過ぎると読み疲れる」

 

などなど、本当に色んな意見があるんですよね。

 

ぼく自身も1000文字を意識していますが
中々、1000文字って書けない場合もあるんです。

 

そういう「書けない」って場合は
無理をして書く必要はないんじゃない?

 

無理をして1000文字を書くとクオリティが落ちるし
どうでも良い言を書く可能性もあるから
何も思いつかないんだったら書かなくてもOK!

最低でも750文字は書いている方が
丁寧でわかりやすいんじゃないかって思うんです。

 

ただ、どうして長い文字だと疲れるのかですが
あなた自身が時すでに今、経験をしていると思います。

 

え?何を?

 

え?ご存じないですか?

 

いま、あなたがこの記事コンテンツを読み
何も感じませんか?

 

まず、当ブログを読んで
ダメ出しができないんじゃお話にならない。

 

今まで、ぼくがコメント周りをしていて
ダメ出しができなかったブログは一つもないです。

 

「画像がない」

「図での説明がない」

「淡々と説明をしているだけ」

こういうブログが9割近くありましたよ。

 

このブログがその中の一つ。

「画像がないと読みずらいなぁ」

「なんの説明をしているんだ?」

「結局何が言いたかったんだ」

そういうふうに感じている人は多いですが
自分のブログに当てはめて考える人は0人です。

 

なぜなら、人間とは自分のブログには甘いですが
人のブログを見る場合は厳しい目で見るからです。

では、文字数の多いブログで会話形式で
記事を作成している人がいますよね?

 

ああいう人は工夫をすれば
ものすごく読みやすいですし
理解を深めやすいです。

 

「会話形式は難しいです」

 

確かに、会話形式は面倒ですし
吹き出しなどを書き加えないと読みにくいです。

 

しかし、そういう手間を惜しまずにやっている人は
何らかの成果を得ているんですね。

 

●まとめ

結局、ブログの記事の文字数なんて
理解しやすく丁寧にすればするほど
文字数が増えていくんです。

更に、文字数にこだわらなくても
あなたらしい文章を書けば良いですよ。

 

更にアクセスを集めるにはこの方法が良いですね。

↓↓       ↓↓

アドセンスでアクセスが3倍増える記事タイトルの付け方

 

 

カテゴリー: アドセンスの基本 | タグ: , | コメントをどうぞ